モノづくりの見える化

ICT技術を活用した最先端のデジタル板金工場 
私たちは、「お客様のつくりたいをかたちにする」ために日々進化してまいります

会社情報

社長からのごあいさつ

フジムラ製作所の
目指すもの

デジタル板金の先駆者であり続けることを伝えたい。
未来ある若者に、板金加工という仕事の可能性を感じて欲しい。そんな想いを胸に、私たちフジムラ製作所は活動しています。
デジタル板金とは、「デジタル技術とネットワーク技術を駆使した板金加工の先進的な仕組み」です。
見積りから納品までの各工程を見える化し、少量多品種生産から量産加工まで、あらゆるニーズに対応できる生産体制を構築しています。
そんなデジタル板金で目指すのは、「技・能・美」という3本の柱を元に、より高いレベルの製品をつくり続けることです。

とは、ITとデジタル技術を活用し、優れた最新マシン性能を活かした生産体制。

とは、従業員一人一人の優れた知識や技能から生み出される加工技術。

とは、機能美から生み出される、フジムラ製作所独自の製品です。

フジムラ製作所が歩む道にゴールはありません。現状に満足せず、AIなどの最新技術や設備を活用しながら、今後もデジタル板金を発展させていきたいと考えています。これからも板金加工の技能と従業員の働きやすさなどの環境を向上するとともに、お客様のご要望に応え価値あるモノづくりをご提供できるように励んでまいります。

経営方針

株式会社フジムラ製作所は、精密板金・レーザー加工を通して、お客様の要望に適合する品質の製品をタイムリーに提供していきます。さらに、お客様のニーズに対応し迅速に応える「対応のスピード」と問題が解決するまで取組む「改善努力の継続」をしていきます。

●品質第一の徹底とお客様からお預かりする大切な情報を適切に保護し、お客様の信頼と満足を高めていきます。

●教育訓練、改善活動を重視し、絶えず品質向上と環境に関する汚染の予防に努力をします。

●当社活動に係わる環境側面に関連する法律、規制、協定及び社会の要求事項を明確にして、順守します。

●経営方針を達成するために、目的・目標を設定し、見直します。

●統合マネジメントシステムの継続的な改善活動を実施します。


また、環境活動に関しては、特に以下の項目について優先的に活動し、環境保全に取り組み、利用可能な環境技術を活用していきます。

1.省エネルギーと省資源を推進します。

2.廃棄物の削減及びリサイクルの推進を図ります。

3.環境物品の購入を心がけ、環境型社会の形成に役立て企業自身の責務を果します。

会社概要

会社名株式会社 
フジムラ製作所
代表者代表取締役社長 藤村 智広
所在地本社工場:〒332-0004 埼玉県川口市領家3-12-10
第一工場:〒332-0004 埼玉県川口市領家3-15-1
第二工場:〒332-0004 埼玉県川口市領家3-6-21
第三工場:〒332-0031 埼玉県川口市青木4-3-11
第四工場:〒332-0031 埼玉県川口市青木4-4-33
デジタルストラクチャー:〒332-0004 埼玉県川口市領家3-8-5
設立2000年12月
資本金2,000万円
連絡先Tel 048-225-7781 / Fax 048-225-7814
事業内容各種精密板金加工・NCタレットパンチング加工・レ-ザ-加工・NCベンディング加工・プレス加工・スポット溶接・各種溶接・カシメ加工
従業員120名
主要取引銀行川口信用金庫 埼玉りそな銀行
顧問弁護士いずみパートナーズ法律事務所 上岡亮弁護士
営業時間08:00~18:15
休業日土曜日、日曜、祝日

アクセス

本社工場

〒332-0004 埼玉県川口市領家3-12-10
Tel 048-225-7781 / Fax 048-225-7814

公共交通機関で:JR京浜東北線「川口駅」
国際興業バス川口02【東領家循環】行きバス(約22分)「領家小学校裏」徒歩2分

埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線 「川口元郷駅」下車
国際興業バス川口02【東領家循環】行きバス(約10分)「領家小学校裏」徒歩2分

JR赤羽駅下車
国際興業バス赤23【荒川大橋-西新井駅】行きバス(約20分)「山王橋際」下車 徒歩7分

お車で: 首都高鹿浜橋から都道107号線経由 約2km

沿革

2000年12月埼玉県川口市朝日にてフジムラ製作所開業
2002年有限会社フジムラ製作所 設立
埼玉県川口市領家に工場移転
2003年タレットパンチプレス VIPROS Z-358NT導入
2004年ネットワーク対応自動CAD/CAM AP100導入
2006年ネットワーク対応3 次元自動CAD/CAM AP100Alfa 導入
レーザー加工機 LC-1212αIIINT導入
資本金を800万円に増資
2007年資本金を1,000万円に増資
ファイルサーバー導入、業務効率化を図る
溶接加工部門を増築(第二工場)でデジタル溶接機を増設
溶接加工品の少量多品種・量産加工を本格的に始める
2008年自動プログラミング装置増設、大型(3M・130t)ハイブリッドドライブシステム
ベンディング加工機 HDS-1303NT導入
2011年本社工場増築。少量多品種・量産加工に対応するため、パンチ・レーザー複合加工機(ライン仕様)導入
2012年ISO9001(品質マネジメントシステム)取得
ISO14001(環境マネジメントシステム)取得
2013年社名を「有限会社フジムラ製作所」より「株式会社フジムラ製作所」に変更
溶接・組立業務拡大のため、第二溶接工場新設し移転
NC自動スタッド溶接機 GUNMAN-1000Ⅱ導入
2014年大型(2.5M・80t)ハイブリッドドライブシステム ベンディング加工機HDS-8025NT導入
2015年レーザー加工機 LC-1212αⅣNT導入
YAGレーザー溶接切断機SRY-45P導入
高速・高精度サーボベンディングマシンEG-6013導入
組立業務拡大のため、第三工場新設
資本金を2,000万円に増資
2016年パンチ・レーザー複合加工機LC-2012C1NT導入
バリ取り機 AuDeBu1000導入
プレス機 RNC-3020ディスクロータリー 導入
組立業務拡大のため、第三工場移転
2017年12月ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)取得
川口i-wazaブランド技術に認定
2018年 4月彩の国工場として認定(産支25号)
2018年11月川口市技能振興推進モデル事業所に認定
2018年12月R曲げロールベンダー導入
2019年 1月デジタル板金工場を新設し本社移転(旧本社工場を第一板金工場として稼働)
大型(2.5M・80t)ハイブリッドドライブシステムベンディング加工機HG-8025導入
ACIES-2512T ストレージモデル導入により24h稼働開始
AMNC搭載ネットワーク型インバータースポット溶接機ID-40IVTH-NT導入
研磨仕上げ品・塗装品などの外観検査基準確立の為、外観検査機ロボット導入
2020年 1月自動金型交換装置(ATC) 付きベンディングマシンHG-1003ATC導入
2020年10月製品識別機 AuDeBu Scan導入
2021年 7月自社ブランド商品デジタルストラクチャー店舗OPEN
2021年12月「DSショートマウント」が川口i-monoブランドに認定
2022年 3月ファイバーレーザ溶接システムロボット溶接機FLW-ENSIS導入
2022年 4月パートナーシップ構築宣言を公表
2022年12月第三溶接組立工場 建築着工
2023年 2月第四デジタル板金工場 建築着工
2023年 3月ファイバーレーザ搭載ブランク工程統合ソリューションACIES-2512T-AJ導入
自動金型交換装置(ATC) 付きベンディングマシンHG-1003ATC導入
2023年 4月ファイバーレーザ搭載 ブランク工程統合ソリューションACIES-2512T-AJ導入
第三溶接組立工場、第四デジタル板金工場 稼働開始
2023年 6月「AI搭載型自動溶接システム」を導入