モノづくりの見える化

ICT技術を活用した最先端のデジタル板金工場 
私たちは、「お客様のつくりたいをかたちにする」ために日々進化してまいります

フジムラ製作所のモノづくり

トップ / フジムラ製作所のモノづくり / フジムラの工場別コンセプト

フジムラの工場別コンセプト

フジムラ製作所では、本社工場、第一製缶組立工場、第二溶接組立工場、第三溶接組立工場、第四デジタル板金工場の5カ所の工場で生産を行っています。

本社工場

〒332-0004 埼玉県川口市領家3-12-10

本社工場では、試作品などへの対応を可能にした生産設備と体制を構築しており、管理・営業などの本社機能を持った中核拠点となります。

第一製缶組立工場

〒332-0004 埼玉県川口市領家3-15-1

第一製缶組立工場は、最も長く稼働している工場であり、製缶加工製品を中心に生産を行っています。

第二溶接組立工場

〒332-0004 埼玉県川口市領家3-6-21

第二溶接組立工場では、最新式のファイバーレーザー溶接ロボットからベテラン作業者まで、溶接加工を中心とした工場です。
ベテラン技術者が切磋琢磨すると同時に、最新溶接ロボット運用まで、溶接技術の拠点と言えます。

第三溶接組立工場

〒332-0031 埼玉県川口市青木4-3-11

第三溶接組立工場は、2023年4月に稼働を開始した最新工場です。
ここには、プログラミング工程を集約したCADルームを完備し、常に最新プログラムデータの作成を行っています。
また、新しい技術の検証として、AI 搭載型自動溶接システムの運用を開始しました。
他にも、ハンディタイプのファイバーレーザー溶接や、大物製品の加工などを行うためのエリアとして、組立エリアを確保しています。

第四デジタル板金工場

〒332-0031 埼玉県川口市青木4-4-33

第四デジタル板金工場も、2023 年4 月に稼働を開始した最新工場です。
ここでは、最新のパンチ・ファイバーレーザー複合システムから、金型自動交換装置を搭載したベンディングマシンまで、当社のデジタル技術を使ったマシンによる、少量多品種製品加工を実践したICT とデジタル技術を使った工場です。

デジタルストラクチャー

〒332-0004 埼玉県川口市領家3-8-5

フジムラ製作所では、ノウハウを活かした自社製品の開発にも取り組んでおり、この自社製品を販売するブランドとして、「デジタルストラクチャー」があります。
デジタルストラクチャーは、「こんなものが欲しいをカタチにする」という思いから立ち上げたブランドであり、実店舗とWEBサイトの両輪で展開を進めています。
現在は、バスフィッシングに必要な付属品から、オリジナルツールボックスなど、社内外のアイデアを募りながら新製品の開発を行っています。