モノづくりの見える化

ICT技術を活用した最先端のデジタル板金工場 
私たちは、「お客様のつくりたいをかたちにする」ために日々進化してまいります

digital-bankinとは

常識を覆したデジタル板金というコンセプト

フジムラが掲げる「デジタル板金」とは、見積りから出荷まで全ての生産工程の見える化と加工技術・情報のデジタル化を行ったモノづくりの仕組みのことです。「デジタル技術とネットワーク技術を駆使した先進的な仕組み」を構築することで、見積りから納品までを見える化し、少量多品種生産から量産品まで、あらゆるニーズに対応できる生産体制を構築しており、設計から組み立てまでをワンストップで対応が可能となっています。価格・品質・納期のばらつきを解決する一元生産管理システムです。この仕組みを強く表すために、digital-bankin.co.jp というアドレスも、当社が所有しています。

フジムラのプロセスを見る

バーチャル試作システム

お客様がつくりたい製品のイメージを設計段階から3Dデータ化し、加工ノウハウを織り込んだモデリングデータとして活用することができます。実加工前に完成イメージを確認することが可能です。

ICTを活用したモノづくりの“見える化”

マシンの稼働状況や生産の進捗をリアルタイムで把握できます。生産管理システムと連動したデータを使い、適切なコスト管理や安定した品質の確保が可能です。

IOTとDXについて詳しく知る

IT技術を駆使した高度な再現性や自動化に対応

熟練作業者による加工技術やノウハウをデータ化し、共有することで過去の製品加工の再現が可能に。さらに自動化されたシステムにより短納期を実現します。